脱毛の方法

自宅で手軽にできる脱毛方法にはいくつかの種類があります。


まず、色を薄くするために脱色剤を使用する方法があります。
脱色剤は、表面に出ている毛の部分の色を薄くすることによって、毛を目立たなくさせるという方法です。
毛を抜くわけではないので、痛みがないというメリットがありますが、デメリットとしては、毛が伸びてくると色が不自然になってしまいます。
また、脱色剤による肌のかぶれにも注意が必要です。


次に表面に出ている毛を溶かすという方法があり、これは除毛剤を使用します。
痛みがなくどの部位でも使えるというメリットがありますが、処理に時間がかかってしまうことと、すぐに毛が生えてきてしまうというデメリットがあります。
そして毛を抜くという方法があります。
毛を抜く道具としては、毛抜き、テープ、ワックス、電気脱毛器などがあり、いずれも毛を根本から抜くため効果が長持ちするというメリットがあります。
ただし、処理方法によっては痛みを伴うことがあり、さらに毛が途中で切れてしまう危険もあります。


カミソリやシェーバーで剃るという方法もあります。
いろんな部位に使用できるというメリットはありますが、これは表面に出ている毛を切断するだけですから、効果はあまり持続しません。
また、毛の断面が広くなってしまうので、毛が太くなったような印象を受けます。


このように自宅でできる脱毛の方法はいろいろで、それぞれにメリット、デメリットがあるのでどの方法が一番いいかはわかりませんが、自分のライフスタイルにあった方法を選ぶようにしましょう。

Copyright © 2014 脱毛の解説 All Rights Reserved.